Top Page > 【裏話】 > エージェントの裏側 > 転職エージェントのキャリアアドバイザーの正体 その1

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

転職エージェントのキャリアアドバイザーの正体 その1

転職エージェント会社で転職希望者の応対をする。
それがキャリアアドバイザー。通称CAだ。

1.利害関係なく転職希望者に関わる
2.どんな優秀なCAよりも秀逸な転職ノウハウを発信する

この2点でCAよりも2歩先を行く、というのが俺のペンネームのCA2.0の由来の1つだったりする。
読み方?「しーえーにぃてんぜろ」だよ。

さて、今日はそんな転職エージェントのCAについてのお話をお届けしよう。

キャリアアドバイザーを知る


キャリアアドバイザーにはどんな人がなるのか?
⇒キャリアパス軸

キャリアアドバイザーにはどんなタイプが居るのか?
⇒人物タイプ軸

2回に分けてこの2軸でCAを解剖してみようと思う。
相手を知る事で貴殿の転職活動に役立てて頂きたい。

キャリアアドバイザーになるキャリアパス


彼らはどのようにしてキャリアアドバイザーになったのか?
これには下記3つのルートがある。

  • 異動
  • 転職
  • 就職

1.異動でキャリアアドバイザーになった人
配置転換でCA職になった人という事。
転職エージェントに新卒入社または中途採用された人が、別部署での経験を経て着任するもの。

【特徴・傾向】
・転職エージェントでの勤務経験があるため、転職業界事情に詳しい
・これまで経験した特定分野の業務知識を有する
対応のバリエーションが豊かな傾向があり、求人紹介マシーンにはなりにくい


2.転職でキャリアアドバイザーになった人
転職エージェントに転職して、CA職になった人という事。
9割方は全く違う業界で、その分野の経験を積んできている。
(まれに前職もキャリアアドバイザーという人物も居る。)

【特徴・傾向】
転職前の業界・職種担当になる確率が高く、業務知識は高いレベルである事が多い
自分自身が転職を経験しているため、内定したあと無理に退職を促すような行動は控え気味
・特定分野の業務知識が高いため、キャリアチェンジの提案等の柔軟性には欠ける


3.就職でキャリアアドバイザーになった人
新卒入社の初配属でCA職になった人という事。
3年くらい前から増えてきた、まさかの新社会人キャリアアドバイザー。

【特徴・傾向】
・やる気に溢れているので、絶え間なく求人が紹介され続ける
・OJTの一環で、マネージャー職が面談に同席してくれる可能性が高い
・その初々しさが転職希望者に新人時代を思い出させ、転職を思い止まらせる奇跡を起こす事がある





その背景によって微妙に特性が変化するのをお伝えできただろうか?
個人的には2.の転職経験者キャリアアドバイザーが一番当たりかと考える。

さて、次回はキャリアアドバイザーのキャラ・タイプについてお話しよう。

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

アデコ
企業と個人を同じエージェントが担当


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ / 裏話
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ