Top Page > 【転職準備編】 > 自己分析 > 転職のライバルに差をつけるハイブリッド自己分析

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

転職のライバルに差をつけるハイブリッド自己分析

転職活動でアピールする2つのスキル。

  • テクニカルスキル
  • ポータブルスキル

これらの定義と具体例を前回ご紹介した。
続けて両者について意識しておくべき事を解説しよう。

2つの転職スキルを使いこなす


スキルの定義と具体例については「転職を成功させる2つの力」をご参照。

話の本題はこれらをどう理解し、使いこなすかだ。
頭のなかで整理できていないより、意識した方がずっと自己分析が楽になるから。

理解しやすいように、ざっくりとこの転職スキルの役割をお伝えする。

テクニカルスキルは前半戦に必要


職歴であったり、業務知識であったり。
テクニカルスキルの具体例はどれも身につけるのに年月を要するものだった。

特徴としては「ある」「ない」がはっきり分かれるものとも言える。

これらが評価される選考。
当然それは特徴に従って、ある程度デジタルに「ある」「ない」が判定される場面。

具体的には
  • 書類選考
  • 現場の人間による業務レベル判断

こういったところで貴殿を守る力になる。

ポータブルスキルは実際に会って伝える


意欲、人柄、会話力。
貴殿という人間を映し出すのがポータブルスキルだ。

特徴としては個人よってバリエーションに富み、強弱が分かれるものと言える。

これらが評価されるのは当然相手が目の前に居る場面。
会話を通じて貴殿のキャラクターと能力を伝える事ができる瞬間だ。

具体的には
  • 全ての面接フェーズ

相手に顔を見せた時こそ発揮と証明ができる力である。

磨けるのはポータブルスキル


どっちが重要かと言われれば、正直どちらも重要だ。

テクニカルスキルが足りなければ面接に辿りつけないし、
ポータブルスキルが低ければ面接で他者に勝る事は難しいだろう。

だが、どっちなら伸ばせるかという質問には答えがある。
それはポータブルスキルだ。

ご理解頂けたと思うが、テクニカルスキルの補完には時間か環境が必要だ。
対して、ポータブルスキルの表現は自分を知る事でより巧妙にできる。

親しい友人や、貴殿の仕事ぶりを知る人と会話しよう。
そして他者から見た貴殿のポータブルスキルを教えてもらうといい。

ダメ押しで、貴殿の持つテクニカルスキルの上にポータブルスキルをドッキングするのだ。

  • 技術系でありながら、とてもテンポの良いコミュニケーションができる人
  • 分析系の職種でありながら、とても熱い想いと動機を持った人
  • 泥臭い営業経験を持ちながら、論理的に計画と戦略を練れる人

テクニカルとポータブルがハイブリッドした時、このような人材像が完成する。


書類選考一つの難易度が上がっている昨今。
ライバルと差別化するポイントはポータブルスキルにあると断言しよう。

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

Spring転職エージェント
企業と個人を同じエージェントが担当 byアデコ


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ