Top Page > 【裏話】 > ブラック企業なんざ3秒で見抜いてやんよ

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

ブラック企業なんざ3秒で見抜いてやんよ

転職の成功・失敗というのは、必ずしも一つのケースを指さない。

転職希望者それぞれに求める人生と環境があり、
それらに応じた理想の職場が定義されるのは当然のこと。

問題は転職先が、自分の定義した理想の環境と一致しない場合。

今日のノウハウはこれ。

転職面接で企業風土を見抜く裏技



企業風土には大きくは2つの種別があると思う。
ベンチャー気質」と「老舗気質」だ。

内容を明解にするため、まずはこのざっくりとしたカテゴライズをお許し頂きたい。

皆さん、このどちらが自分に適しているかという判断はできているのではなかろうか?
そして、それは当然志望先のリストアップにも反映されているはず。

でも、もし次の会社が自分に適していると思う環境の真逆だったら?
それは貴殿にとってはブラック企業同然だろう。価値観が合わないのだから。

その判断材料を転職面接の際に収集してしまおうというのが今回の主題だ。
判断ポイントは2回ある。

1回目:受付に来たとき



受付嬢が居るか居ないか。
まずは1秒で判断しよう。

居ない:ベンチャー気質寄り。
理由は経営資源の効率化を好む企業が多いから。
代わりにスタイリッシュなタッチパネル付き電話なんかがあると思う。

居る:老舗気質寄り。
文化として一般職の採用を実施しているケースもあるし、
長年続く取引先が来社した際のサービスに配慮する意図もある。


では、担当者と会話して訪問を続けてくれ。
間もなく次の判断ポイントが来る。

2回目:面接室に通されたとき



2秒部屋を見回してくれ。
面接官はそこに居るか?

居ない:ベンチャー気質寄り。
面接官は貴殿の来社まで自分の仕事をしている。
仕事の合間に選考をこなす、最適化されたスケジューリングで動いているのだろう。

居る:老舗気質寄り。
面接官は本日は面接の日として、何人かとその部屋で会い続けている。
人事部採用課によってきっちりとアレンジされた、体系化されたスケジューリングで動いているのだろう。


まとめ



今回の話は俺自身の数百回の面接経験(同席含む)に基づく判断のヒントだ。
勿論一概に言い切れるものではないし、あくまで参考にして欲しい。

ベンチャー気質は最適化され、老舗気質は体系化されている。

“気質”と表現したのは、ベンチャー的な老舗もあれば、老舗的なベンチャーも存在するから。

規模や年数ではなく、業務のこなし方からその企業の性格を見抜く事が肝要。
その上で今回の2つの瞬間は大いに参考にできるポイントだと俺は考えている。

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

アデコ
企業と個人を同じエージェントが担当


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ / 裏技
Comments

tac

ca2.0様

ご無沙汰してます。
まず結論から
ある会社から内定を頂きました。あなたのご指導のお陰です。ありがとうございました。
その後タイミング悪く、更に志望度が高い企業から書類通過の連絡がきて、いくさへ挑む最中と、非常に嬉しくてありがたい悩みです。あなたにはとても感謝してます。
で、質問です。採用側からして給与の交渉は選考にどの程度影響するのか?
00万円~00万円の中の最低賃金で手を打つべきなのか。
同内容で内定後の交渉の仕方など教えてください。

2011/01/26 Wed 14:46 | URL

CA2.0

tacさん

なんとまぁおめでとう!!!!!

しかも結論からの論理的なコメント。
貴殿の大きな成長に涙腺が緩まずにはいられません。

だが、ゴールはまだなんだな。
では落ち着いてご返答を。

結論から言うと、一回お願いするくらいの交渉はやってもいい。

だが、まず全てにおいて優先すべきは「内定」の証拠の確保。
交渉はここから始まるといっても過言ではない。

何故か?
「内定」は口で発したその瞬間に企業に取っては労働契約の意思表示になるから。
平たくいって、その後に内定を取り消ししたら裁判で負ける。

・「内定です」という相手の声の録音
・「内定」と書かれたその企業のメアドから発信されたメール
・内定通知書

上記いずれかが手元にある前提で下記のような交渉方法が考えられる。

1.前職の給与と比較して値を吊り上げる

既に報告済だったら使えないが、最低レンジの年収を指して、
「んー、前はこれより20万多かったんですが・・・」とお願いしてみる。

2.別の内定先を創作して、そこのオファー金額をぶつける。

一番効果的なのはこれだと思う。
「実は類似他社からも内定を頂きまして、年収で20万多いのですが。
 金額さえ折り合えばこちらの企業に決めようと思ってるんですよねー。」
と、散々選別された仕返しをちょっとしてみる。


いずれの方法も1回が限度。
且つ、あくまで腰低くお願い姿勢でね。
内定を失ってしまっては元も子もないのだから。

あとは、おそらく内定の返答期限で近々困ると思うからタイミングが来たらまた相談してくれ。


良い結果を期待しているよ。

重ねて、本当におめでとう!

2011/01/27 Thu 00:57 | URL

tac

そんなに喜んでもらえて嬉しいです!
面接官が元CAだったので、あなたに指導いただいた内容がずばり適用する事が出来ました。あと、結論論ですが、ca2.0氏がよく言っていた通り、キャリアエージェントもレベルの差がなかなか開きがあると感じました。あなたがぼくのアドバイザーであって、面接官でなくて良かった。
また他社の面接がありますが、そこはグループディスカッションだと言われました。新卒時以来で、考えた作戦が発動しにくい厳しい状況かと思ってます。
この会社は応募者殺到で書類通過も難関かと思う企業です。それを通過してグループディスカッションってのが、陸上で100m走かと思ってたのが100mハードルだったってくらい驚きです。 女性が8割を占める会社なので何が大事か・何を見るのかは、ベーシックなレベルなら想像は容易ですが、自分の知らない意図があるようで不安です。

2011/01/27 Thu 10:16 | URL

CA2.0

tacさん

嬉しいに決まってるさ。
本当に良い意味でこの質問ブログを使い倒した貴殿が結果を出してくれたのだから。

それにしても、面接官が元CAとはねぇ・・・。
元業界人が認めたのだから、貴殿にはもうしっかりとした面接力があるのだよ。

で、最後に残ったチャレンジが間もなくなのだね。
グループディスカッションの採点側になった経験は流石にないんだが、
受かるコツは「場」を読むことだよ。

その日偶然集まったチームの中で瞬時に周りの仲間のキャラを見抜き、
自分の立ち位置を、ゴールに最短で向かうための役割に置く。

「なんかあいつが言葉を挟むと議論がスムーズに流れるな」と採点者が思えば合格だ。
がんばってくれよ!おめでとうエントリー下書きして待ってるぞ!

2011/01/27 Thu 22:21 | URL

tac

こんばんわ。
グループディスカッションではなく単なる集団面接でした。四人で受けて、面接官は男性と女性の一名づつ。
受験者を二つのグループに分け、グループごとに違う質問をするやり方でした。四人だと四人目が考える時間が十分あり、不公平なので、それを解消するやり方だと思われます。
なんせ、答えるのに時間制限があり、半分も手応えがなく、不安だらけです。
適性検査も性格から日本語能力をみるようなものが非常に多かったです。
ただ質問は時間一杯しまくりました。けど、自分が受けたグループだけがライバルじゃないというのが更に不安です。
社員は8割が女性です。受験者も女性が非常に多かったです。
ベンチャーですが、イケイケだけでは行けない気がしました。難しいです。

2011/01/28 Fri 19:16 | URL

CA2.0

tacさん

こんばんは。面接お疲れ様でしたね。

集団面接とは今時珍しいな。
結構応募者も多かったんだろうねぇ。
印象値でピンと来たかどうかで成否が決まってる気がする。

質問の量と質はやる気と意欲の証。
貴殿の想いが伝わってる事を祈りながら結果を待とう。
きっと大丈夫さ。

2011/01/29 Sat 02:02 | URL

Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ