Top Page > 【転職実践編】 > 面接 > 最強の面接官のあまりの凄さに戸惑いを隠せない

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

最強の面接官のあまりの凄さに戸惑いを隠せない

転職対策を続けようか。
これからは自己分析・応募・面接等々各フェーズの詳細攻略を詰めていく事にする。

その過程で、最近駆け込み相談室にいろいろ質問頂いている内容も共有したい。
さて、いろいろ面接を受けていると時に凄い面接官に出会う事がある。
今回のノウハウはこれ。

熟練した面接官の思考法


転職面接においては貴殿らは練り上げたエピソードと志望動機・転職理由で戦う
これはこれまでも何回もお伝えしてきたことだ。

だが、この戦法が全く通用しない相手が居る。
通用しないというより、自分の場に持ち込めないのだ。

それが「事実だけを重視する面接官」。

どういう人なのか?


数多の面接経験から、転職者のやり口を知り尽くしている相手だ。
企業ポジションでいうとやはり役員クラスに多い。

つまりは貴殿らが転職活動を行う上でのゴールを守る人間。
確実にクリアしなければならない相手である。

具体的にはどういう質問をしてくるの?


役員が強敵で、その面接が大事なんて確かに当たり前。
なので具体的にお伝えします。

たった一つだけ傾向がある。
それは、「履歴書に対する質問が多い」ということ。

更に言えば、貴殿らの過去の決定・決断に興味を示す

これが要注意な相手の特徴だ。

なぜ面接で履歴書を重視するのか


これが相手の一番恐ろしいところ。
実は貴殿らの過去の決定・決断、すなわち事実から貴殿らの性格を見抜いてきているのだ。

具体的にしてみよう。
貴殿のアピールが「たゆまぬ努力と諦めない姿勢」だったとする。
これは職務経歴書上や面接の初めの自己PRで伝えているだろう。

するとこの面接官は貴殿の履歴書に注目する。
どこを見ているのか?
恐ろしい事に高校・大学・初めての就職先の欄を見ている

老獪な彼は既にこのような質問を済ませているだろう。
「高校・大学は当時志望していた所に合格されましたか?」
「就職先は当時の第一希望でしたか?」

これにもし貴殿が「No」と答えていたら厄介だ。
何故か?

「おや、たゆまぬ努力で諦めない方なのに、妥協されたのですか?」
こんなセリフを投げられたらおしまいだから。

事実を重視するという事の意味


自己PRや志望動機、転職理由は未来に向かって形作り、職務経歴書に記載するものだ。
対して、履歴書は過去の事実だけを端的に表している

だから、取り繕った綻びは両者を突き合わせると浮かび上がってしまう。
過去の事実に、これからの意向が負けてしまうのだ。



薄々おわかりかとは思うが、次回はこの面接官を倒す対策を考えようと思う。

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

Spring転職エージェント
企業と個人を同じエージェントが担当 byアデコ


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ