Top Page > 【裏話】 > ブラック人事 > 【ブラック人事】第十七話 アベイラブル

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

【ブラック人事】第十七話 アベイラブル

オフィスに戻り、数本の打ち合わせをこなした。

次は役員の西野と面接同席だ。
平均して一日10数人の面接が実施されている。


≪19:00-20:00 面接/ITコンサルタント志望/C氏≫


今回の人物はどうだろうか。
事前に西野と情報をチェックする。

『学歴は…首都大ですね。』

「職歴は?」

『ATの子会社です。アナリストを1年半。』

「AT?なら話は早い。」

『何故です?』

「俺が元ATだから。」


西野…外資コンサルファームからのヘッドハンティングと聞いていたが、
なるほど、AT出身だったか。



           ***



ノックして部屋に入る。

「失礼します。」

『失礼します。』


西野と僕は一礼して顔を上げた。


「あ…こんばんわ…」


室内に居たC氏は、着席したまま、ボソッと返事を返した。


『…』

面接は第一印象なのかと学生時代はよく悩んだものだが、
今なら判断の8割を占めると断言できる。



C氏はこの第一印象をリカバーできるか。
着席した西野は静かに口を開く。


「それでは面接を始めさせて頂きます。
 え~と、Cさんは今日はお仕事帰りでいらっしゃいますか?」


「え?」

C氏は怪訝な顔をした。

確かに西野のこの質問は間違い。
C氏は3ヶ月前から離職中だからだ。


「離職中…です。
 …書類に書いてると思うんですが。」


だからといってその返答もマズいだろうと思う。
卑屈になっているのか、なんだかオーラが暗い人だ。



その後は履歴書に沿って西野の質問が淡々と続いた。


「前職のご経歴ですが、1年目の後半から教育・研修が
 増えていらっしゃるんですね。」

「ええ。
 次のプロジェクトに向けての学習でした。」

「で、その後無事にアサインされて現場常駐と?」

「そうです。
 その頃は全社的に案件も少なくなっていたのですが、
 アピールの甲斐あってアサインされました。

 同期の多くはアベイラブルの状態だったようです。」


アベイラブル。
ウチでいうプリズン送りだ。


「そうですか。
 ちなみにその頃は全社でどれくらいアベっていました?」


西野の質問にC氏の反応が変わった。


「え…
 えと、確か100名規模だったと。」

「ん~?
 100はないでしょう?私の聞いた話だと確か10数名…。

 あ、ちなみに私AT出身でね。」

「あ…そうでしたか。
 すみません。アサインされて現場に居たもので正確な数値は。」


西野の告白に明らかに焦った様子のC氏。

その後は特に突っ込む事もなく、面接は終了した。



           ***



デスクへ戻る廊下で西野が口を開いた。

「…今の。評価は?」

ポーカーフェイスの西野にしては珍しい。
明らかに機嫌が悪い様子だ。

『アウトです。』

「理由は?」

『態度と雰囲気…ですね。

 態度は我々が入室した際に着席していた点や、
 「そこに書いてあるんですが」と離職の説明をした事で判断しました。

 雰囲気は…とにかく暗い人だったなと。』


「ふん…ま、それもそうだけどさ。もっと決定的なのがあるだろ。」

『というと…どの点で判断されました?』

「研修とか言ってたけどさ、アベってるよあいつ。

 アサインされてたって嘘をつきつつ、
 アベってる自分を肯定する為にアベり人数を水増し報告してる。」


西野は唾を吐き捨てるように言った。
アベ、アベ、アベ。3回。


『あ…そういうもんなんですか。
 怪しいな~ぐらいにしか思えませんでした。』

「まぁこれは俺がATと付き合いがあるからってのもある。


 極めつけは“あの顔”だ!ふざけんな!!!
 誰がわざわざ時間割いてアキバのオタクと会話するかよ!!!」


突然西野がキレた。
キレた事もそうだが、“容姿”判断にも驚いた。


『うぇ…あ、まぁ確かにイケてる人ではなかったですね…』


「ったく…。売れる訳ないんだよあんなクズ。
 お前さ、今から人材会社の営業呼んで話しといて?」

一度キレた西野の暴言は止まらない。


『面接結果と改善ポイントの指摘…ですか?』


「そうだけど、俺のセリフを伝えろ。

 「ちゃんと会って“顔”確認してんのか?
  こんなクズを二度と寄こしてくるな。」

 このまま、な?」



『このまま…ですか。』

「そう。確認。言ってみて。」


『「ちゃんと会って…“顔”確認してんのか?
  こんな…クズ…を二度と寄こしてくるな…。」』


すごく嫌な気分になった。


「OK。
 終わったら報告して。」


それだけ言うと西野は行ってしまった。





胃が痛くなってきた。



【現在時刻 20:38】


【登場人物】※全て仮名。年齢・プロフィール等はフィクションです。


僕 :26歳。20代にして2度の転職歴を持つ。
   初めての人事職に期待を持ち、中途入社してきた。

中川:27歳。労務部勤務。
   マニュアル対応の際にセリフが極めて棒読みになる。
   若干オドオドしており、目を見て話さない。

静谷:29歳。イケメン。上智大卒。
   20代だが社歴はかなり古参で、人事実務を統括するマネージャー。
   僕の直属上司。質問をすると必ず結論から答える。

湯川:43歳。セレブ。慶応大卒。
   創業者にして代表取締役社長。
   見た目はおとなしそうで、社長特有のオーラは感じられない。

志垣:38歳。一見カタギではない。学歴不明。
   創業メンバーで、現在は営業を統括する社のナンバー2。
   初対面こそ衝撃的だが、NGワードさえ踏まなければ意外に絡みやすい。

西野:35歳。人事領域担当役員。国際基督教大学卒。
   32歳の時に自社に役員待遇で引き抜かれた敏腕コンサル。
   沈着冷静。必要な時以外は滅多に口を開かない。

郷田:28歳。リストラ候補の人事部員。学歴不明。
   前職は健康食品販売会社営業。彼もまた転職者だった。
   自社には営業職として入社するも、1ヶ月で人事に左遷された伝説を持つ。

小森:24歳。新卒採用担当。早稲田大卒。
   新卒入社1年目。年度唯一の人事部配属となった。
   天然ぽい雰囲気と明るいキャラを持ちつつ、発言は鋭い。

山崎:23歳。システムエンジニア。中央大学卒。
   ITコンサルタントを夢見て入社した新入社員。
   大柄の体型とは裏腹に、控え目で実直な青年。

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

Spring転職エージェント
企業と個人を同じエージェントが担当 byアデコ


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ