Top Page > 【裏話】 > ブラック人事 > 【ブラック人事】第十六話 ダーク・グレー

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

【ブラック人事】第十六話 ダーク・グレー

4日目。

昨日の疲れもあって、9時前に出勤した。

静谷と山崎は方角が同じだったため一緒のタクシーで
帰ったいったが、車内の様子は想像するに耐えなかった。
午前の予定を確認する。

≪10:00-11:00 健康診断イベントレビュー 六本木≫


労務部主催のイベントの打ち合わせのようだ。
参加者は湯川・静谷・中川。

社長である湯川がわざわざ対応することと、
人事が召集されていることに少々の違和感を感じたが、
この会社に限ってはそうした垣根に意味はないのだと飲み込む。


転職エージェントからの推薦者の書類をまとめつつ、
時間を見て六本木へと移動する事にした。



           ***



六本木。いつもの場所。
よくよく考えてみると、社外スペースで経営会議や人事会議をするのはどうかと思う。

中川がイベント当日の流れを草案として説明する。

・毎年3月に実施する健康診断
・検診の終わりにアンケートを取る

といった内容。
オーソドックスなものに思われた。

ただ、今回のレビューは本社勤務の人間とは別日程にて行う、
顧客先に常駐している社員(エンジニアやコンサルタント)向けのイベント内容になっている。
日程を分けるのは理解できるが、なぜ内容が違うのかは少し引っかかった。


湯川がコメントする。

「…うん。いいんじゃないかな。

 ただ、冒頭の挨拶は僕じゃなくて別の人にお願いしよう。
 こういう時だけ出てきても、皆の気分を害してしまうからね。」

「わかりました。
 では西野さんにお願いします。」

中川が答える。

「あとは…アンケートを取るところの手筈だね。」

「…はい。」


湯川・中川に少し緊張が走ったように感じる。
アンケートに何か問題があるのだろうか。
二人で意見の出し合いが始まった。


僕は気になって、隣の静谷に話し掛けた。

『静谷さん。』

「何?」

『アンケートって、どういう内容なんですか?』

「ああ。2つあってね。

 一つはCS向上の為に無記名で会社への提言を受け付けるもの。
 もう一つは…

 “特派”の同意署名を取る。」


静谷は最後の単語に僅かに力を込めた。

『“特派”って…まさか“特定労働者派遣”ですか!?』

「ああ、そうだよ。」

『ウチは基本的に委任か請負契約で動いているって理解してましたが?』

「今まではね。
 役員会で検討した結果、特派の方が儲かってると判断して
 今後は全てそっちに切り替える形で動いてるんだ。」

『それで本人同意の署名が必要になったと。
 …うまくいくでしょうか?』

「事実を知れば相当に反発は起こると考えてる。
 だからこの部分の流れを抜き出してレビューしてるんだよ。」



状況をまとめてみる。
現在、この会社の事業形態は正社員であるエンジニアやコンサルタントが
顧客とプロジェクト契約を結ぶことで、その遂行のために先方の事業所で
自分のデスクを持って働いている。
いわば「プロジェクト」を軸にした顧客との関係だ。

一方、特定労働者派遣とは人材派遣事業の一形態だ。
営業が顧客に対してエンジニアやコンサルタントを「派遣」することで
対価を得るビジネスモデル。「人」を軸にした関係となる。

一般的な人材派遣と違うのは、派遣される人間が、派遣元企業に「登録」
しているのではなく、実際に「正社員として雇われている」点。


“特派”は、正社員ではあるものの、働き方が派遣であるため
その安定性について労働者側からは人気のないものであった。




僕が考えをまとめる間に、湯川は結論を出したようだ。

「埒があかないな。

 …少し汚い手を使おうか。」

「と言いますと?」


中川が怪訝な表情になる。
湯川は無表情で言った。


「記名のアンケートを適当な内容で用意して、
 名前をカーボン紙で下に写し取る感じにしよう。
 で、下に同意書をつけておく。

 グレーだけどね。
 収益には代えられない。」




『………。』


ない。それはない。
それは流石にやり過ぎだろう。



「というわけで、最終版にまとめておいてね。
 じゃ、解散。」


湯川の一言で会議は終わった。


カーボン紙の件に物申したいのは山々であったが、
それだけの元気が出なかったのには理由があった。




≪今後、全ての契約を特派に切り替える≫



これが何を意味するか。


僕が選んだこの会社は、

コンサルティングファームでもなく
SIerでもなく





「人材派遣会社」になるのだ。





この事実が僕が大きく落ち込ませていた。


【現在時刻 11:13】


【登場人物】※全て仮名。年齢・プロフィール等はフィクションです。


僕 :26歳。20代にして2度の転職歴を持つ。
   初めての人事職に期待を持ち、中途入社してきた。

中川:27歳。労務部勤務。
   マニュアル対応の際にセリフが極めて棒読みになる。
   若干オドオドしており、目を見て話さない。

静谷:29歳。イケメン。上智大卒。
   20代だが社歴はかなり古参で、人事実務を統括するマネージャー。
   僕の直属上司。質問をすると必ず結論から答える。

湯川:43歳。セレブ。慶応大卒。
   創業者にして代表取締役社長。
   見た目はおとなしそうで、社長特有のオーラは感じられない。

志垣:38歳。一見カタギではない。学歴不明。
   創業メンバーで、現在は営業を統括する社のナンバー2。
   初対面こそ衝撃的だが、NGワードさえ踏まなければ意外に絡みやすい。

西野:35歳。人事領域担当役員。国際基督教大学卒。
   32歳の時に自社に役員待遇で引き抜かれた敏腕コンサル。
   沈着冷静。必要な時以外は滅多に口を開かない。

郷田:28歳。リストラ候補の人事部員。学歴不明。
   前職は健康食品販売会社営業。彼もまた転職者だった。
   自社には営業職として入社するも、1ヶ月で人事に左遷された伝説を持つ。

小森:24歳。新卒採用担当。早稲田大卒。
   新卒入社1年目。年度唯一の人事部配属となった。
   天然ぽい雰囲気と明るいキャラを持ちつつ、発言は鋭い。

山崎:23歳。システムエンジニア。中央大学卒。
   ITコンサルタントを夢見て入社した新入社員。
   大柄の体型とは裏腹に、控え目で実直な青年。

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

Spring転職エージェント
企業と個人を同じエージェントが担当 byアデコ


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Comments

ma-

お疲れ様です、本日リクエー経由で応募した会社から内定が出たので報告させてください:)
2ch転職板からここに流れ着いて11月下旬からくるようになりました。特に参考になったことを挙げますと
・「転職面接必勝法」が勧めてあったので読みました。今までの志望動機の作り方など根底から変わりました。
・CA2.0氏のプロフに面接を200社受けたなどなど書かれていたので、自分もそれくらい受けないと・・・など励まされた気分になりました。
もちろんこのサイトを通して面接についていろいろ理解できたのも大きかったです。
これからはただの読者としてこのサイトを応援します:)

2011/01/14 Fri 20:41 | URL

CA2.0

ma-さん

うおおおおぉぉぉぁおめでとう!!!!

このご時世によくエージェント経由で決めたな!偉い!!!
参考にしたものも含めて、全ては貴殿の判断力だよ。

嬉しいなぁ。こっちが泣きそうだ。
もう二度とこのサイトを「参考書」として読むんじゃないよ;-)

貴殿の新天地が輝かしいステージになりますよう。

2011/01/14 Fri 21:49 | URL

Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ