Top Page > 【裏話】 > 【裏話】元転職エージェントは転職エージェントから応募しない

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

【裏話】元転職エージェントは転職エージェントから応募しない

転職エージェントで働いてた人間による転職ノウハウブログ。
さて、自己PR・志望動機編に入る前に閑話休題で裏話をお届けしようと思う。

なぜ応募手段編では転職エージェントとの関わりをあのような形で勧めたのか?
その背景について語ろう。

元転職エージェントは転職エージェントをどう使うのか?


応募手段のメリット・デメリットで、転職における応募手段の一つとして転職エージェントのメリット・デメリットに言及した。

上記エントリー内の記載について少し深くコメントする。

転職エージェントのメリットを最大限に活かしたい。
でもデメリットがあるならば極力回避したい。

そんな欲張りな貴殿のリクエストへの解になるだろう。

◯メリット
求人母数がやや多い
募集企業の情報がかなり多く入手できる
・エントリーのスピードが早く、効率的
応募書類や面接の応答へのアドバイスが得られる
・一般には非公開の求人情報を得られることがある

メリットの総括
「求人母数」がやや多く、その「募集企業の情報」を多く入手できる。「非公開の求人情報」も含めて。
また、応募前段階にて「応募書類や面接の応答へのアドバイス」が得られる。
  • 応募前の準備段階にメリットが集中している


×デメリット
競争相手が多い
・エージェント内でスクリーニングを実施するため、企業に書類が届かない事がある
採用時に企業にコストが発生するため、内定率が低い
・内定が出るとキャリアアドバイザーがクロージングを掛けてくる

デメリットの総括
「競争相手」が多いため、エージェント内で応募者の「スクリーニング」を実施。
結果として「企業に書類が届かない」戦う前に負ける応募が生じる。
そのような状態でなんとか1つ目の内定を得ると、途端に「キャリアアドバイザーがクロージング」体制になる。
  • 応募後から一気にデメリットが顕在化する



だから付き合うのは応募前の段階のみとするのがベストだと言った。


いろいろと反論は出てくると思う。
ブログは残念ながら一方的な発信でもあるので、先によくある誤解については下記に並べておきたい。

転職エージェント利用QA集


あんなに親身なキャリアアドバイザーさんだから、自分に適した企業だと思いクロージングするのでは?

違います。
キャリアアドバイザーの本質は「営業職」だ。理由はたった一つ。
彼らの多くは月または四半期での転職決定者数をノルマに従事しているから。
「決定した企業は転職者の第一希望だったか」などという評価指標はない

この事情から、特に彼らは離職中の登録者の担当になると喜ぶ。
理由?クロージングしやすいからに決まってる。

書類選考時や面接後に転職エージェントがフォローするから魅力的なんですけど?

確かにやるよ。
「この人はおすすめです」と口で言うくらいは。

冷静に考えてみよう。
相手の企業からすればそれは「営業職」の発言以外の何でもない。
貴殿が採用担当者だったとして、どう返答するだろうか?

「では社内にて検討後、結果をお知らせ致します。」

これ以外ある?

年収の交渉とかもしてくれるって・・・

はい、しますよ。貴殿が不満ならば。
これもよく考えてみて欲しい。

転職エージェントのビジネスモデルは転職者の新年収の20~30%を成功報酬として受け取るもの。
貴殿の年収が500万になる予定だったとすると、手数料を加えると初年度は600~650万の人件費換算となる。
企業によってはこの手数料を差っ引く計算をするところもある。
提示年収:400万+手数料:80~120万≒500万といった具合に。

さあ困った。だからがんばって交渉して450万に上げました。
あれ?貴殿の本来の価値って年収500万じゃなかったでしたっけ?
みたいなね。


QAはこれまでにして、次回は「非公開求人」について切り出してお話をしよう。

まとめ


・転職エージェントのメリットは応募前に集中
応募後はデメリットだらけの展開になる
・キャリアアドバイザーって、営業ですよ?
自分が連れてきた人を「この人はいいですよ!」って言うのを信じる
・年収交渉の結果年収が上がっても、それは適正評価なのか?

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

Spring転職エージェント
企業と個人を同じエージェントが担当 byアデコ


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Comments

けんぶ~ エージェントにロックインされるのはいつから?

エージェントとの付き合いは応募前にメリットが集中するのは理解しましたが、彼らも商売なのでその時点で「縛り」がかかるのが一般的ではないですか?たとえばアドバイザーが提示してきた求人一覧に応募したい企業があったとします。その企業はウェブサイトでも求人を出しています。企業名を知った時点でエージェント契約が発生するとしたら、ウェブから応募したら契約違反になりませんか?企業情報、内情などいろいろとアドバイザーから聞き出したあとでウェブから応募というのはさすがにどうかと思いますが、そういう利用のしかたもアリなのでしょうか。

2010/12/19 Sun 19:31 | URL

CA2.0

けんぶ~さん

コメント有難う御座います。

ご解答ですが、原理原則上はけんぶ~さんの仰る通りだと思う。
エージェントから入手する求人票には、当該求人への応募についての注釈があるだろう。

俺だってエージェントと争いたくないから名言はできない。
だが、以下2つの事項を勘案してどういう行動が取れる可能性があるかという話。

1.エージェントから求人を入手して段階で貴殿がその企業に応募しているかどうか
⇒それをエージェントは知ることが可能だろうか?

2.後出しで応募したとして、応募者である貴殿の個人名が企業から外に漏れるか
⇒極めて機密性の高い個人情報を企業人事部が社外のエージェントに口外する事があり得るか?


このあたりの要素と自分自身の倫理観、転職可能性を高めたい願望。
全てのバランスが釣り合う地点が取るべき選択肢でしょう。

強要などとんでもない。
俺としてはこうした可能性を示唆するのがギリギリ精一杯というお話です。

アリナシでお答えできず申し訳ない。

2010/12/21 Tue 02:42 | URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/01/13 Fri 22:23 | URL

Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ