Top Page > 【転職実践編】 > 面接 > 【小技】面接での困った質問対策

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

【小技】面接での困った質問対策

嬉しい事に読者の方からエントリーのリクエストを頂きましたので早速発信。

よくある転職本や転職マニュアルになかなか見当たらないもの。
それは面接の際にどうしても前向きな回答ができない際の対処

きちんと返答しつつ、マイナスポイントにならない方法とは何だろうか?

面接でのネガティブな返答の攻略法


そもそもネガティブな返答を余儀なくされる質問とは何だろうか?
具体的に場面を想像することで皆さんへお届けするイメージをより具体的にしたいと思う。

ネガティブな返答を実施するのだから、答えがネガティブなものに固定されるような質問。
固定されるという事は、それが口先での取り繕いで凌げる部分ではないということになる。

この条件化における質問は3つ考えられると思う。

  • a.経歴上、反論の余地がない部分への突っ込み・コメント
  • b.能力的に不可能な技術・対応への質問
  • c.知識的に未知・知らない事への質問

具体的にしてみよう。

  • a.「転職は今回で4回目という事ですが、比較的多いですね。」
  • b.「○○をして欲しいのですが、できますか?」
  • c.「今、この業界は○○ですが、それについてどうお考えですか?」

これらに対してどう返答すれば傷は浅くて済むかというのが今回のお話だ。

返答する上での大前提


俺が一貫してお伝えしてきた事だが、以下の2点は不動だ。

  • 1.結論から返答すること
  • 2.返答内容は自己PR・志望動機・転職理由のいずれかであること

返答初めとその内容は必ずこうなっていた方が良い。
では、どのような答え方が考えられるのだろうか?

返答の方針は2つ


どういうスタンスでの回答になるかというと、2つしかないと思う。

  • 1.ギブアップ
  • 2.素直に返答しつつ、アピールする

できないことはできない。
知らないことは知らないで済ませてしまうのが1。
潔さはあるものの、面接の返答としては相応しいかは疑問だ。

対して、結論から返答しつつ、自分の土俵に持ち込みなおすのが2。
どうやらこれが最も望ましい対応になるのではないか。

具体例に当てはめてみる


先程考えてみた突っ込み・質問の具体例に返答してみよう。

a.「転職は今回で4回目という事ですが、比較的多いですね。」
  • 「確かに多いと思います。
    しかし、今回御社での○○職に臨むに当たり、今までの3社の○○等の経験が全て活かせます。
    転職理由についても外部要因に依るものです。
    今後の定着性に不安を感じて頂く必要はないと考えております。」

結論から返答し、自己PRと転職理由に繋げてみた。

b.「○○をして欲しいのですが、できますか?」
  • 「今はできません。
    しかし、私は△△の経験が御座いますので、できるようになる方法は考え付きます。
    実務でもまずはこの点を活かしつつ、○○をよりレベル高く実施できるようになります。
    これは私自身の経験を大きく活用する事から、御社への志望を高めた要因でもあります。」

結論から返答し、自己PRと志望動機に繋げてみた。

c.「今、この業界は○○ですが、それについてどうお考えですか?」
  • 「○○を存じ上げません。勉強不足で恐縮です。
    察するに、△△に似たことかと思います。
    それについては私の経験から××という事が言えると思います。」

結論から返答し、自己PRに繋げてみた。
他に、誠実さの演出と、類推する思考力なんかもアピールできると思う。



具体例の○○にどういう言葉が入るかで展開は変わると思う。
しかしながら、一番大事な方針は変わらないということだけををお伝えしたい。

嫌な質問・突っ込みでネガティブな返答が予期される時。
それでも結論から返答し、自己PR・志望動機・転職理由で補強すれば乗り切れるはずだ。

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

アデコ
企業と個人を同じエージェントが担当


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Comments

fis たいへん参考になりました

「できません」「わかりません」では困ってしまう、と思っていたので、とても参考になりました。
特にb.、c.の問答は様々な状況で応用ができそうです。
多用するとツライ展開になってしまいそうですが(笑)

2011/01/03 Mon 23:50 | URL

CA2.0

fisさん

こちらこそ、エントリー依頼有難う御座いました。

全ての質問が「できない」「わからない」だと問題ですが、
ワンパンチ食らうくらいの覚悟で1~2回ある程度ならばそれは誠実さのアピールにもできると思います。

テンプレをfisさんの経験に当てはめて、素晴らしい返答をお作りになって下さい。

2011/01/04 Tue 21:28 | URL

Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ