Top Page > 【転職実践編】 > 面接 > 【面接】一次面接を通過する

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

【面接】一次面接を通過する

転職エージェントは応募者の内定が命。
なので面接の合格率とかはかなり注視して研究する。

俺の感覚だと一次面接は30~50%の通過率ってところ。
大事な大事な一回戦だ。

一次面接を通過する


今回、1次面接は人事部による実施を想定する。
ポイントは前回記載の通りだ。

【人事面接のポイント】
・職務経歴と履歴の再確認
・人物タイプの評価

人事部採用担当に安心感を与えつつ、次のステージに進むために避ける事はできない最初の関門。
解説してゆこう。

人事面接の目的は?


本業を抱える現場・役員に、問題ないレベルの候補者を送るフィルタリング
と、俺は理解している。

その企業における基本であり、最低限のハードルとなるのが一般的だ。

しかしながら、現場や役員の採用業務への理解度合いに依って難易度も変わる。
面接の機会を限らなければいけないとなれば人事で絞り込むしかないからだ。


では、その対策は?


ポイントに従って、ミスを抑えつつ対策する。
というのが精一杯の対応だろう。

ポイントに当て込んでみよう。

・職務経歴と履歴の再確認
⇒定量的にアピールし、威力あるカテゴリで解説する。
⇒実績は対目標○%、○○中○位の成績。優秀ですと。

・人物タイプの評価
⇒適切なコミュニケーションを実施する。
⇒人事部タイプを参考にする。
⇒結論から話し、転職理由等の負の要素を論理的に払拭する。


逆に、やっちゃいけない事は?


人事面接の役割から推察が可能だ。

・細かなスキル話に寄りすぎない
⇒現場部門が後にしっかり突っ込んでくれる

・動機やビジョンに寄りすぎない
⇒大きな話と熱い想いは役員が受け止めてくれる

このあたりのバランスが肝要。
人事が判断したい材料は大枠の実績や、転職理由に欠陥がないかだと割り切ろう。




結果的に求める情報を端的に伝えてくる、優秀な候補者像が完成するはずだ。

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

アデコ
企業と個人を同じエージェントが担当


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ