Top Page > 【転職実践編】 > 面接 > 【面接】転職活動の面接の全体像

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

【面接】転職活動の面接の全体像

元転職エージェントってだけで友人から内密な相談を持ちかけられる事がある。
内容は当然転職についてだ。

とりわけ最近多いのが書類選考結果について。
要は、「こんなに面接行けないものなの?」という悲痛な叫びだ。

数多の書類選考敗北の先にある面接。
だからそのチャンスは棒に振っちゃいけない

転職活動の面接の全体像


いきなり一次面接の話をしようかと思ったのだが、
そもそも俺の想定する土台を伝えておかないとイメージがずれる。

なので今回のエントリーを挟ませて頂く事にした。

転職活動における面接の構成
相手が立てている戦略図を知る事で、貴殿の体勢作りに役立てて欲しいという想いだ。

では、始めよう。

転職活動の面接って大体何回なの?


結論として一番多いのは2回だと思う。

  • 人事または現場部門による一次面接
  • 役員・部門長クラスによる最終面接

だが、一次面接の相手が人事か現場かでかなり評価ポイントが変わるという特徴がある。
なので、本ブログでは全3回を想定して、全ての担当者との対策を考えたい。

下記のような工程を想定する。

  • 人事による一次面接
  • 現場部門(部門長)による二次面接
  • 役員による最終面接


それぞれの面接で何を見られるの?


前述の通りの3回の面接スケジュールとなった場合、下記のように想定が可能だ。

人事面接のポイント

・職務経歴と履歴の再確認
・人物タイプの評価

現場面接のポイント

・職務スキルの評価
・人物所感の評価

役員面接のポイント

・人物所感の評価
・企業を任せられるか、想いの確認


フェーズによって微妙にポイントが違う
のを理解頂けるだろうか?
最後の役員面接なんかになると、大抵経歴やスキルは度外視の話になる。
というか、それまでの面接で既に確認済の事項として扱われるわけだ。

それぞれの面接での対策は?


次回以降詳しく解説するつもりだが、大枠は皆さんに既にお伝えしている。

何?忘れてないよな?
面接官のタイプ分析その対策、やっただろ?

あのポイントをそれぞれの階層に応用して話の力点を操作するわけだ。

  • 1次面接は人事に響くように。
  • 2次面接は現場に響くように。
  • 最終面接は役員に響くように。

では、次回から内容に入っていこう。

  • 続き
一次面接を通過する
人事部を相手と想定した一次面接。
どのように作戦を立てるか?

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

Spring転職エージェント
企業と個人を同じエージェントが担当 byアデコ


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2010/12/18 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

2010/12/19 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ