Top Page > 【転職実践編】 > 面接 > 【面接】面接には3つの質問しか存在しない

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

【面接】面接には3つの質問しか存在しない

転職活動において面接は最難関のステージだ。

お待たせして申し訳ない。本日より転職面接実践編を開始する。
差し当たっては大切な前提条件をまずお伝えする。

転職面接における黄金律。
転職希望者が最も理解すべき概念はこれだ。

転職面接には3つの質問しか存在しない


今回は1つだけ理解してもらいたい。
面接にはたった3つの質問しか存在しないということ。

*「3つ以上質問されるんですけど!?」

とは言わないでくれ。本質的な話だ。
面接官の質問は全て3つの要素に帰結する。


何って?
ここまでブログを読んできて頂ければよくご存知だろう。
  • 自己PR
  • 志望動機
  • 転職理由

これだけだ。
面接官は結局これしか聞いてこない。

即ち、貴殿らもこの3つを返答すれば面接は完了するという話でもある。


3つの質問の具体例


ではいろいろと質問を振り分けてみよう。

  • 面接官「職務上の実績についてお聞かせ下さい」
    求職者「(実績・・・自己PRか。)」

  • 面接官「◯◯職として、今後どうなりたいとお考えですか?」
    求職者「(志望動機を返答しつつ、転職理由ともリンクさせれば問題ないな。)」

  • 面接官「最近注目されたニュースはありますか?」
    求職者「(マトモに答えちゃだめだ。業界ニュースを答えて志望動機に繋げよう。)」

  • 面接官「最後に何か質問はありますか?」
    求職者「(質問するなら志望動機に・・・いや、自己PRしてもいいですか?って聞こうかな。)」

  • 面接官「他にどういった企業の選考を受けていらっしゃいますか?」
    求職者「(この企業と属性を合わせて・・・、はい志望動機と転職理由。)」


バカの3つ覚えでいい。
全ての質問に対して自己PR・志望動機・転職理由の3つの要素のどれを返すかだけを考えるんだ。

返す答えはこれまでの準備編でもう十分用意できているだろう。
返答の入り口の加工の方法、テクニック論についてはまた今後のエントリーで言及する。

大事だからもっかい述べておく。
面接では自己PR志望動機転職理由だけ話せばいい。
全ての質問はそのいずれかで返答が可能だ。

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

アデコ
企業と個人を同じエージェントが担当


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/12/08 Wed 15:24 | URL

Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ