Top Page > 【転職実践編】 > 面接 > 転職面接の服装?答えは面接会場にあるだろ

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

転職面接の服装?答えは面接会場にあるだろ

apparel.png

転職の面接の際、微細だが服装は差別化のポイントになり得る。
微細というのは、それだけそこに気を払う人の絶対数は少なく、それでいてこれ自体が深刻な問題になるケースは稀だからだ。

今日の記事はそれでも面接の合格率をコンマ1%でも上げたいんだと思う人へ捧ぐ。

転職面接へ臨む服装の決め方


服装の話をする前に、アプローチの背景を考えよう。
すなわち、面接で転職希望者の服装面での外見が合否結果を左右し得る要素だ。

転職希望者の服装を見る面接官の目


俺自身の転職エージェントおよび人事面接担当官としての経験から、下記2点のみと言っていいだろう。



1.清潔感

それなりにノウハウ本を読んだ人には耳タコだろうが、これはガチで大事だ。
面接ってのは転職希望者の能力判断と同時に、「仲間に迎え入れたいか」を感覚的に判断する場だ。

さんざんデジタル面で切っておいて次は感覚かよって話だが、ここはよーく意識してくれ。

  • シワのついたシャツ
  • ヨレてテカってるスラックス
  • シミのついたネクタイ
  • 光沢を失った革靴

特に日々の業務の間を塗って転職活動をしている人はこのあたりをけっこうおざなりにしがちだ。
勿体無いぞ。



2.イメージのフィット感

今回お伝えしたい本質的な部分がこちらのポイントだ。
何を言っているかというと、「就活時の媚びた服装はやめろ」ということ。

上記の清潔感の話題で触れた通り、面接での服装面への評価は「仲間っぽいかどうか」だ。
というわけで、全員横並びのチャコールグレーのスーツに白シャツ、ネクタイはブルー系のストライプのような量産型の外見で右へ倣えはもはや逆にリスキー。

転職面接においては希望する企業のイメージを理解し、服装面でも攻めに転じるという選択をお勧めしたい。



結局転職面接の服装の正解って何よ?



ここまで読み進めた聡明な読者さんは、ここの答えが1つではないと当然ご理解頂いていることだろう。
そのうえで敢えて考慮すべき視点を論じておきたいと思う。

以下の2つが俺の考える転職面接の服装戦略の完成形だ。



1.転職を希望する企業の人間をトレースする

まずはストレートにここまでのお話からの答えだ。
転職を希望するに際して、貴殿らには幾度かその企業へ足を運ぶ機会が生じるだろう。

説明会時でも良し、筆記試験時でも良し、とにかく折角の機会の一部の時間を社員の観察に充てよう。
どこの会社でも奇抜な奴は一人くらいは居る。そこじゃなくてマジョリティが持つ雰囲気・服装を感じ取るんだ。

そして、そのイメージにフィットする服装を自分で演出する。
人は馴染む生き物だ。必ず全般的に漂う雰囲気ってのがある。それを見極めて意識するんだ。

参考までに、俺はリクルートの役員面接に赤ストライプのシャツで挑んで突破した。
ここはどっちかというと社員のキャラや雰囲気がわかりやす過ぎるところだったがな。



2.自分が一番好きなコーディネートで挑む

限定的ではあるが、一番破壊力が出るのはこの選択肢だ。
但し、貴殿自身の自分への自信が不可欠であることと、それが結構派手になってしまう場合は転職希望先が比較的価値観の多様性に肝要であることが必要になる。

例えば営業職の方なんかは「プレゼンの日はこれ!」という勝負服を持っていたりするだろう。
おそらく貴方は自分のスタイルを確立して、且つそれに自負心がある立派な人材。

ならば相手に合わせた服装でマイナス点を防ぐよりも、最も自信のあるスタイルで覇気ある面接を展開する方がずっとずっと良い。
先に述べた通り、今日は話題は微細なポイント争いの中の注意点を話しているだけなのだから。

最も優先すべきは面接時の転職希望者の顔が輝いていること。
これに優る服装面のでのアピールポイントなぞ存在しないよ。



マイナスポイントは抹消して、最短距離で内定へ向かえ


服装ごときで落とされてたまるか。
多くの転職希望者がそう思うだろう。

俺もそう思う。服装ごときで折角のチャンスをフイにしないでくれ。
ただ、このあたりの話題は大きくは「ルックス」カテゴリに含まれることもあり、そこを指摘できる勇気のある他人は少ない。

だからこそ俺のような存在がきっかけを投げかける必要があり、そして転職希望者自身が知覚する必要があるんだ。

自己PR・志望動機・転職理由を突き詰め、面接へ向かう日の朝にでもこの記事のことを思い出してくれたら、それほど嬉しいことはない。

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

Spring転職エージェント
企業と個人を同じエージェントが担当 byアデコ


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/07/25 Thu 19:26 | URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/08/23 Fri 15:33 | URL

Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ