Top Page > 【転職準備編】 > 社内転職の立ち回り術

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

社内転職の立ち回り術

社内転職2

転職活動にはきっかけがある。

その原因への対処が全ての目的であり、それは必ずしも会社を変える必要があるものでは無いかもしれない。
答えの1つである社内転職について前回からお話をしている。

社内転職は戦う前に勝負が決まる


さて、貴殿らは転職希望者であるので、少なくとも何らか現職に不満を抱いている事だろう。

例えばそれが人間関係や職務内容であった場合。
そして、社内の他の部署ではそんな悩みも生じない事を知っていた場合。
更には、定期の募集にてその部署が求人を出していた場合。

つまり、貴殿が次に求めるステージはどうやらすぐそばにありそうなわけだ。
勿論、社内転職は会社の制度であるので、条件をクリアしているならば是非応募すればいい。

だが、やるからには他にどんな奴が応募してきたとしても勝たないといけないね。絶対に。

社内転職に勝つべくして勝て


通常の転職活動と社内転職が決定的に異なるのは、事前の候補者の動きである程度合格率を左右できる点だ。
よって、もし貴殿らがこのエントリーに近しい状況にあるならば下記の行動を実施することをお勧めするよ。

1.応募する部署の知り合いを探す

全ての要になるのがこのタスクだ。
満額回答でなくてもいい。応募部署に前に居たことある人や知り合いの知り合いからでもいいから、まずこのルートを確保しなければならない。
以後のタスクは、この応募部署の知り合いと連携したものが多くなる。

2.カラ求人でないかの確認をする

社内転職で一番厄介なのは、予め採用予定者が決まっている出来レースだ。
一度に募集が成されるのは1つの部署だけではないし、第一希望がきちんと実態のある求人かを確認しないと折角の応募権利が無駄になってしまう。

3.想定ターゲットを知る

募集元の部署にパイプが出来たら、その人物からヒアリングを実施しよう。
想定ターゲットというと難しく聞こえるが、要は「今その部署にはどの仕事を担当するリソースが足りないのか」という話を聞ければ大体わかる。
人員募集には必ず背景があり、大抵の場合それは今手が足りていない部分の補強だからだ。

4.自分の存在を知らせる

社内転職のおける最高決裁者は募集元部門の幹部社員だ。
3の手順の結果、自分が想定ターゲットに合致していると判断できたならば、1.で見つけた知り合いを通してそいつを紹介してもらおう。
正面から突破を狙うのが一番ナンセンス。事前の行動が全てだ。

5.募集元部門幹部社員へアプローチ

挨拶という形でミーティングを組むのが軽くていい。
だが、会話展開は本番の面接を想定して綿密にいけ。
【応募しようという意思】、【応募動機】、【活かせそうな経験】の3つを会話に忍ばせ、「宜しくお願いします」と言っときゃいい。

事前ネゴが社内転職の必勝法


紹介した1〜5の手順は、社内公募に対して正規の手順で応募するライバルを完全に出し抜くための手法であり、広義のネゴに他ならない。
実際やろうとすると工数もかかるしめんどくさい。
だが、やった場合とやらない場合の合格率は正直雲泥の差だぞ。

目的に立ち返って考えるといい。社内転職に応募する理由は何か?確実に受かりたいのか?
そこに合格率を高める方法があるのに絶対にできない理由があるならば、そもそも応募という行動自体に矛盾が生じるだろ?

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

Spring転職エージェント
企業と個人を同じエージェントが担当 byアデコ


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ / 小技
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ