Top Page > 【裏話】 > エージェントの裏側 > 【裏話】転職エージェントの仕事の裏側 3/3

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

【裏話】転職エージェントの仕事の裏側 3/3

転職エージェントの仕事の裏側シリーズの最後。

求人獲得に始まり、求人票への応募から転職エージェントの社内選考を通過。
話はいよいよ皆さんの応募書類が企業に届く場面に移る。

転職エージェントの仕事の裏側(選考~入社編)


転職エージェントの仕事はこのように進んできた。

フェーズ1.求人獲得
フェーズ2.求人内容ヒアリング
フェーズ3.求人票の作成と確認
フェーズ4.求人票のデーターベース登録
フェーズ5.求人説明ミーティング
フェーズ6.マッチング
フェーズ7.推薦と営業スクリーニング


皆さん、ここまでで既に2回篩いにかけられていることになる。
1回目はキャリアカウンセラーに。求人を紹介するかどうかを。
2回目は営業に。スペックを満たしていて、他者と遜色ないかを。

それでは続き。

フェーズ8.書類選考


企業による、本当の意味での書類選考だ。

登場人物
・求人元企業の採用担当者
・転職エージェントの営業
・転職エージェントからの応募者
・他の転職エージェントからの応募者
・求人媒体からの応募者
・ホームページ他直接手段での応募者

群雄割拠。
ここまでびっしり揃うのは稀なケースだとは思う。
だが中途採用を新卒採用並みにきっちりスケジューリングしてる企業なら有り得る。

アクション
・企業採用担当者による書類選考
・転職エージェント営業による売り込み

デキる転職エージェントならここから攻める。

*「いや、この人確かに経験は足りていないですが、一度会って下さい。」

全てはこの言葉に集約される。

ゴリ押して面接に行った例?30人に1人くらいは居るかな。
その人が内定する例?30人に1人が100人くらい集まって1人くらいかな。

決め事
・一次面接実施対象者を決定する

フェーズ9.面接(2~3回)


よくご存知だと思うが、面接を実施するフェーズ。

登場人物
・求人元企業の面接官
・選考通過者
・転職エージェントの営業

*「転職エージェントの営業関係なくね?」
という声が聞こえてきそうだが、経験ある人いるんじゃないかな?

面接に行ったら転職エージェントの人がついてきた
という場面。

一応意図あってやってる事。
目的は「選考ポイントの見極め」
応募者の何を見ているのか?どういったスタイルの面接か?

後々のためにやってる事がほとんど。
まぁ後で電話かけて内容のフォローもするんだが。

「あの人、あの質問に詰まっちゃいましたけど実は◯◯で~」って。

そりゃ単独で活動してたらこんなフォローは入らないけど、個人的には意味ないと思う

もう一回言ってみる。
「あの人、あの質問に詰まっちゃいましたけど実は◯◯で~」

…なんか幼稚園の面接の保護者みたいで嫌。


アクション
・採用面接選考の実施

決め事
・採用内定者の決定

フェーズ10.内定通知


いろんな人がいろんな立場でほっとする場面。

登場人物
・求人元企業の採用担当者
・転職エージェントの営業
・転職エージェントのキャリアカウンセラー
・内定者

アクション
・企業から転職エージェントの営業へ内定通知書類を送付
・返答期限の打ち合わせ
・転職エージェント営業からキャリアカウンセラーを経て内定者へ通知

実はここでもブラックボックスがある。
腹黒い転職エージェントだと、必ずしもリアルタイムに内定連絡をしないことがあるのだ。
そのために、企業と打ち合わせて返答期限を操るケースだってある。

意図?
もちろん内定者(厳密にはこの時点ではまだ求職者)へ揺さぶりをかけるため。

  • 例えば、第一志望の企業に落ちた瞬間。
  • 例えば、他の持ち駒が全て敗退に終わった瞬間。

彼等の心に一筋の光が射すように、「内定」を告げる

決め事
・内定への返答期限
・内定者への内定通知のタイミング
・入社の際の紹介料金

内定通知書に新年収が記載されるため、この時点で紹介料金を算出可能。

フェーズ11.クロージング(入社意思確認)


皆さんの視点でいくと最もドロドロする事もあるフェーズだ。

登場人物
・求人元企業の採用担当者
・転職エージェントの営業
・転職エージェントのキャリアカウンセラー
・内定者

内定者から見えるのはカウンセラーだけ。
でも、その後ろには内定受諾を引き出すため、企業まで巻き込んだシームレスな連携がある。

アクション
・返答期限に基づいた、キャリアカウンセラーから内定者への意思確認

決め事
・内定受諾の可否

内定以後はずっと求職者のターンと思いがち
だが、実態は内定通知のタイミングからこのクロージングに至るまで実に罠が多い。

内定者
「◯◯が心配で決められません。」
転職エージェント
『はい、確認してきました。これで大丈夫ですね?』

という問答の繰り返しになる事もしばしば。

全ての原因は転職エージェントの顧客意識にある。
いつだって金を出す方がお客様。だから企業の味方をする。
企業が欲しがった結果、求職者が内定者になったのだからもう全力で入社させるの一択なわけ。

悲しいけれど、これが現実だし、事業会社としては当たり前の選択。
このスタンスを崩すとそれはボランティアでしかなくなるからね。

フェーズ12.入社


エンディング。

登場人物
・求人元企業の採用担当者
・入社者
・転職エージェントの営業

アクション
・初出勤日に電話にて出社の確認
・転職エージェント営業が紹介料金を請求
・支払規定に基づき、求人元企業が入金

決め事
・初出勤日の決定





転職エージェントの仕事の裏側、いかがだっただろうか?
事象としてご存知の事もあったかと思うが、裏側にはこうしたロジックがあったということ。

皆さんが転職エージェントとどのフェーズまでやっていきたいか
そうした意思決定の参考になったならばこの裏話にも意味があっただろう。

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

アデコ
企業と個人を同じエージェントが担当


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Comments

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/09/06 Tue 23:57 | URL

Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ