Top Page > 【転職実践編】 > 面接 > 転職活動の選考の合格率って何%なのかを計算してみた

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

転職活動の選考の合格率って何%なのかを計算してみた

probability

気にしても仕方がないのに気になること。それが合格率。
最近は有効求人倍率がかなり回復してきたって話も聞くし、基本的に俺がバリバリ転職エージェントやってた頃の話になるけど、一連のフローで見た選考の突破率を考えてみたいと思う。

転職活動の各関門の突破率のまとめ


書こうと思ったから書くけど、俺個人としては相対の合格率を気にするのはあまり好きじゃない。
常に結果は通るか通らないか、本質的には50%なんだから。

まぁでも相対数値を見て奮い立つ価値観があるのも確か。
この記事が誰かの役に経てばそれでいいや。

転職活動のフロー別で考えてみる


採用枠1名の求人に対して100名が応募したというモデルケースで考えてみよう。
特に求人広告を打つような急募の採用の場合、下記のような逆算で企業側は人員を確保しようと考える動きを取る。

書類選考

想定通過率:10~15%



第一の関門にして、全体平均でみると最も合格率が低くなるのが書類選考。
まぁ求職者側としてもとりあえず数打つぞって感じで応募は多めにするから第一志望で無い限りそんなにショックは受けないフェーズだけどね。

  • ここまでの通過人数:10~15名

筆記試験

想定通過率:80%



企業によっては有り得ないくらい削るところもあるが、まぁそれは例外として一般的な値を。
チラ聞きしたことがあるのは、学力適性でなく、性格適性でダメになるケースの方が多いということ。
SPIにはライスケール判定があるから人によっては引っかかるみたいだね。

  • ここまでの通過人数:8~12名

1次面接

想定通過率:50%



意外と高いと感じるかな?
転職の求人ってのは募集要件を明示して、且つ書類選考で適合しそうな人に絞るから面接の通過率は就活の比じゃないくらい高くなるもの。
そして転職活動は大体2回の面接で終了するから、次の最終面接に案内する人数も意識しながら比較するって感じかな。

  • ここまでの通過人数:4~6名

最終面接

想定通過率:35~50%



役員ないしは人事部長級が担当する最終関門だね。
あくまでこのケースの想定値は上記の通りだが、内定を出す人数を決めた上で意識的に通過させる考え方もあれば、2~3名くらいなら気に入ったら全員通過って話もあり得る。
ただ、一般的には内定受諾率を50%と仮定して1名採用なら2名に内定出すって感じ。

  • 内定人数:2名

想定通過率から言えること


最後にまとめてみる。
今回の一般的なケースの想定からは2つの事が言えると思う。

  • 書類選考の通過率の低さ
  • 面接の通過率の高さ

つまり、自分の経歴と求人要項をにらめっこして入り口を広げつつ、書類選考の通過数を増やしていけばかなり内定への道は近付くってこと。
それじゃ、貴殿らのためまた求人Weeklyも発信するよ。

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

アデコ
企業と個人を同じエージェントが担当


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ / 面接編
Comments

たーら

はじめまして。質問させてください。

現在転職中です。上位希望3社
あるメーカーで1次面接が終わりました!そこが希望高いのですが、2次が3月8日にあります。現在エージェントから1次の現場レベルでは1番評価が高いと言われています。こういった評価は役員に申し送りされているのでしょうか?

私としては次回が2次実質最終でその後社長との最終面接は顔合わせのようなものだとありますがこれもどのくらいの確度なのでしょうか?

私としてはそこに1番行きたいですが、その会社の結果が1番遅いの2次あたりで他社の結果がでてしまうような状況で迷っています。何かアドバイスあればお願いいたします!

2012/02/29 Wed 09:30 | URL

CA2.0

たーらさん

コメント有難うございます:-)
まずは1次面接トップ通過おめでとう!

もちろんその現場の評価は次回の面接官(それが役員であっても)に申し送りはされていると思うよ。
現場の評価が高い=現場としてはこの人を内定させて欲しいですって意思だからプラスだね。

一方で現場では見えない視点で判断されるのがそこから先の面接。
それは俺が最終面接に関する記事で発信したように「会社を任せられるか」みたいな深くて大きな部分であることが多い。

顔合わせと名言されている面接については確度は97%通過だと思っていいんじゃないかな。
まぁ3%くらいは事故が起こるってことで。

先に内定が出てしまった時ののらりくらりの方法については、僭越ながら当ブログ記事の「やっぱり内定期限延長が好き」をご参照頂ければ幸い。
http://ca2nd.blog71.fc2.com/blog-entry-88.html

それでは、良い結果を願っています。

2012/03/05 Mon 01:05 | URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/03/10 Sat 06:29 | URL

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012/09/10 Mon 12:57 | URL

Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ