Top Page > 退職 > 退職活動のススメ その2

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

退職活動のススメ その2

退職活動2 

転職活動で内定を得てから訪れる最後の関門
退職活動を完遂するためのお話を続けようか。

誠実な退職と強引な退職


前回の退職活動のススメ その1で直属上司に辞意を伝える事はできた。
今回の話はその場面の続きから始めていこうと思う。

直属上司は貴殿の辞意に対して、必ず質問をしてくるだろう。

「何故辞めようと思うんだ?」

貴殿の、退職に至る原因を訊いてくる。
この質問に対しては2つの返答方法がある。

1つは、誠実に答えること。
もう1つは、偽って答えること。

この選択は後にどのような影響を生むのだろうか?

Step2.退職の理由を説明する


正直な返答とはぐらかした返答では大体その内容にパターンが生じてくる。
ちょっと具体的に見てみよう。

誠実な退職理由例

  • 転職したいので辞める事にしました
  • 不満があるので辞める事にしました

誠実な退職理由は事実だ。
事実とはつまり貴殿の転職動機と全く同じ内容ということ。
よって、誠実な退職理由の多くはネガティブな表現になる。
不満や問題が一切ないのならば、きっと貴殿の転職活動は存在しなかったのだからね。

偽りの返答例

  • 体調を崩してしまい、働き続ける事が難しいです
  • 実家に帰らなければならない理由ができました

偽りの退職理由は追及を逃れるためのもの。
相手に「ダメだ。辞めないでくれ。」というセリフを言わせない内容になる。
よって、偽りの退職理由の多くは職場では解決できない類の事象になる。



どちらの伝え方をするかは人それぞれ。
個人のスタンスの問題なので俺は言及するつもりはない。
メリットだけ比較しておこう。

  • 誠実な退職理由:退職後も人間関係が続けやすい
  • 偽りの退職理由:退職活動をスピーディーに進められる

Step3.退職のための引き継ぎ


直属上司さえ退職に納得してくれれば、あとは基本的に話はスムーズに進む。
部長だったり、人事だったり、相手を変えて何度か同じ話をするだけだ。

次に貴殿が対応すべきは引き継ぎだ。

引き継ぎの基本は2週間

職種は様々なのでかなり大雑把だが、このくらいだと目安をつけておこう。
逆に1ヵ月以上強制的に拘束されそうならばおかしいと思うべき。

自分の業務を洗い出し、マニュアルを作る

時間の許す限り詳細にまとめておこう。
A社と取引する際の注意点はなにか、現在の商談ステータスはどうか。
スタッフ系の人ならば、担当業務や処理のフローを可視化する。


引き継ぎが終われば晴れて自由の身。
退職日は勤怠の締日になる事が多いのでそれまでは有給を消化したいところだ。

ここまでで退職活動の通常フローはお終い。
次回は退職編最後として強制的に退職する裏技についてお話する。

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

アデコ
企業と個人を同じエージェントが担当


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ / 退職
Comments

ごっち ご質問

はじめまして、私は社歴7社、42才で5月から無職ですがCA2.0さんの手法は通用するでしょうか?

2011/10/04 Tue 00:36 | URL

ちびっこ はじめまして

はじめまして、いつも筆者様のブログを楽しみに拝見させて頂いています。 私現在転職活動中なのですが、一つ困った事がありまして、ご相談させてください。 私、7月にうつ病にて休職後9月に退職しましてただいま転職活動中なのですが来週の最終面接で直近の給与明細を提出しなければならなくなり、給与があるのが6月までしかなく直近の物だと休職がばれてしまいます。面接官には直近の明細を紛失したと言い、6月の明細を提出しても大丈夫でしょうか? どうかご回答お願い致します。

2011/10/15 Sat 17:11 | URL

CA2.0

ごっちさん

お返事が遅くなって申し訳ありません。

基本的にお伝えしている全ての転職ノウハウは年齢・職種を問わず、選考・面接での通過率を底上げする事を目的としたものです。
社歴、年齢、空白期間が多くなれば当然転職活動は苦戦するものですが、一貫性を意識した志望動機や論理的に伝える自己PRは実施して結果を損なうものにはならないと考えています。

2011/11/19 Sat 15:21 | URL

CA2.0

ちびっこさん

お返事が遅くなって申し訳ありません。

給与明細の件だが、考えられる対応は貴殿が仰るものの他にもう一つ。
最近では給与明細をPDFなどのデータにて提供する企業も多いのでそれを理由に持っていないと言う事。
で、給与の証明としては前年度の源泉徴収票で代わりがきかないかと相談する事かと思う。

2011/11/19 Sat 15:27 | URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/12/11 Sun 13:07 | URL

Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ