Top Page > 【転職準備編】 > 情報収集 > 求職者とて、不採用理由を聞き出す事が本質ではない。

CA2.0の運営・監修サイトなどなど

求職者とて、不採用理由を聞き出す事が本質ではない。

不採用理由を自分で探す

転職面接に落ちる理由。

それを企業が語る可能性は極めて低いという事は前回お伝えした。
不採用理由を企業が語らない3つの事情

応募企業に頼る事はできない。
では、どうやって面接フィードバックを得るのか?

不採用理由を知ったその先は?


不採用理由を知る目的に立ち返ろう。

  • 自分に不足しているポイントを把握する
  • 修正可能なポイントについて、対策を施す

そして、結果的に選考の通過率を高める
これが目的だろう。

ゆえに、この「自分不足しているポイント」の補完が可能であれば、
それは必ずしも企業からのフィードバックでなくても良いはずだ。

この解釈を加える事で方法は3つに広がる。

1.転職エージェントを通じて企業に聞く


まずは真っ向から目的を達する方法。
応募した企業から転職エージェントを経由して聞く。

企業が不採用理由を語りたがらないのは前回お伝えした通り。
なぜこの方法ならば引き出す事ができるのか。
考えられる要因は2つ。

1.転職エージェントを経由する事で、企業による直接的な発言にならないから

2.不採用理由ではなく面接の所感という形をとるため

企業側にとってのリスクヘッジができているわけだ。

貴殿らにしても不採用ならば次の転職求人を見据えるしかない。
その上で、面接の所感情報が入手できるのは貴重な機会だと言えるだろう。

この情報を目的に、数社程度は練習がてら転職エージェントから面接に行くのもいいだろう。


2.転職エージェントと模擬面接を実施する


転職エージェントのキャリアアドバイザーが実施する模擬面接を利用する。
そして、自分の面接での対応への評価をもらう方法。

この方法は当然、ある求人への応募の不採用理由を知るものではない
だが、面接のレベルを向上させるという目的の前では同様に有効なものだろう。

メリットは3つある

1.印象を悪くする原因を抽出可能

キャリアアドバイザーはほぼ毎日新たな求職者と面談を実施している。
その経験量は伊達ではない。
不自然な行動や失礼な態度、伝わりにくい表現などは的確に指摘してくれるだろう。

2.業界担当の転職エージェント営業が参加する事も

担当キャリアアドバイザーに打診すれば、意外に簡単に同席してくれる。
キャリアアドバイザーが面談のプロであるのに対し、転職エージェントの営業は採用基準のプロだ。
2つの職種に評価してもらうことで多面的な意見を拾える可能性は高い。

場数が増える

俺の持論だが、面接は経験量だと思う。
暗記、棒読みから始まる自己PR・志望動機、転職理由も数をこなす事で自然になる。
そのために本番の面接を1回消費するよりも、合否のない機会を利用した方が単純に得だ。

3.面接を自分で記録する


記憶を頼りにノートに書いてもいい。
貴殿の個人情報なのだから、ちょいと録音したっていいだろう。

面接の一連のやり取りや先方の反応を自分で分析して対策を立てる。
これだって立派な敗因分析だと言えよう。

会話の順番通りに書き起こそう

面接記録に限っては、議事録のようにポイントをまとめる方法はよくない。
理由はそれがコミュニケーションだからだ。

発言者、発言順、行間、反応。
その場の空気感を再現するつもりでセリフだらけのノートを起こし、読み返す。
このスタイルの方が自分の悪かった点も見出し易い。

工数はかかるが、他人を巻き込まない分確実に面接力を改善できる対応だ。






現在は依然転職活動の競争率は激化している。

貴殿が今予定している転職面接。
その場に参加できる確率はとても低いという事だ。

その一回のチャンスを最大限活かすため、必ず面接結果から何か学ぶべきだろう。



登録すべき転職エージェント
元転職エージェントによる徹底比較。どの転職エージェントならば
信じられるのか?

CA2.0的トップ3転職エージェント

マイナビエージェント
高選考突破率のマイナビ

アイデムスマートエージェント
人材ビジネス40年の歴史を持つ老舗

アデコ
企業と個人を同じエージェントが担当


* *

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

CA2.0的トップ3転職エージェント

ピックアップ

登録すべき転職エージェント

IT系に強い転職サービス

業界・職種特化の転職エージェント

登録すべき転職サイト

利用すべき業界情報サイト

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

CA2.0

Author:CA2.0
ようこそいらっしゃいませ。
人の就職・転職相談にのるのをライフワークにしてます。
元転職業界人であり、就活時代は面接200社経験しました。

転職活動は都度2回経験、こちらも延べ100社超に挑戦。
圧倒的な物量の中、見えてきた法則を発信しています。

自己紹介記事

サイト内検索

転職求人の横断検索

転職求人横断検索 * 転職コンシェル
転職求人をあらゆるサービスから横断検索して表示する、超捗るサイト

最新記事

RSS

転職エージェントで働いてたけど何か質問ある?のRSSフィード

あわせて読みたい

あわせて

リンク

はてブすべきページ